30代からの毛穴ケア!クレンジングだけで毛穴の開きを解消する方法

お肌に「年齢」を感じるようになるのはいくつからでしょうか?

一般的によくいわれるのが、
30代になってお肌が変わった!という方が多くいます。

そこで、
今回注目するのは、”30代の肌悩みとスキンケア”


引用:マイナビニュースより

マイナビニュースの年代別肌悩みランキングを見ると、

20代では肌悩み第6位だった ”シミ” が、
30代では肌悩み第1位にランクインしています。

また、20代では第3位だった ”毛穴の開き” も、
30代で第1位にランクイン。

明らかに、20代のお肌と30代でのお肌では
変化があることが見てとれます。

それはなぜか?

その主な原因は、

・加齢によるお肌の衰え
・今まで受けた紫外線のダメージの蓄積
・生活習慣の乱れやストレスによるホルモンバランスの乱れ

があげられます。

この記事では、そんな30代ならではの肌悩みについて詳しく解説していきます。

1.30代でも加齢は始まっている?

お肌のハリや弾力に欠かせないのが、
コラーゲンとヒアルロン酸とエラスチンです。

これらはもともと私たちが体内で作り出している成分です。

図のように、3つの成分はお互いを支え合ってはじめて、
お肌にうるおいや弾力を生み出します。

しかし、これら3つの成分は加齢や紫外線によるダメージによって、
その生産力や質が低下していくことが研究によって明らかとなっています。

とはいっても、
30代ではまだまだ十分に生産されており、

”ハリや弾力のなさ”として実感している人は

全体の31%と比較的低い数値となっています。

ただし、

加齢の兆候として30代では”毛穴の開き”として、
お肌にその影響が現れます。

20代の毛穴の開きと
30代の毛穴の開きでは、
その原因が異なります。

2.20代の毛穴の開きと、30代の毛穴の開きの違いとは?

20代での毛穴の開きの主な原因は、
正しいクレンジングができていないことによる
毛穴の汚れ詰まりです。

それに対して、
30代の毛穴の開きの原因は、

加齢による毛穴のたるみ(いわゆるたるみ毛穴)です。

たるみ毛穴といわれているこの症状は、

紫外線によるダメージや、
加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少によって、
毛穴が楕円形や涙状に広がっているのが特徴です。

これが30代の肌悩み第1位の”毛穴の開き”の原因です。

3.30代でシミが増える原因とは?

20代では肌悩み第6位だったシミが、
30代に入って突然第1位となったのはなぜでしょうか?

その理由は、シミのできるメカニズムを理解することで解明されます。

シミの原因の、約80%は紫外線が原因です。

紫外線を浴びることで、肌の内側にあるメラノサイトという細胞がメラニンを作り出します。

メラニンとは黒色~褐色をした色素です。

メラニンは肌の細胞を紫外線から守るために作られる色素です。

通常は、肌のターンオーバー(生まれ変わり)によってメラニンは外へと排出され、
肌に残ることはありません。

しかし、
肌のターンオーバーが乱れることによって
メラニンが肌の上に残っってしまい”シミ”となります。

また、過剰に紫外線を浴びた場合もターンオーバーでは処理しきれなくなり、
メラニンが肌の上に残りシミとなる原因です。

30代の女性は、
子育てや仕事をバリバリとこなしていて多忙な方が多い世代です。

なかなかゆっくりとする時間が作れず生活リズムは乱れがち。

人間関係の幅も広がり、日々のストレスもため込みやすい時期でもあります。

そんな30代女性の生活習慣の乱れやストレスは
肌のターンオーバーを乱す原因となります。

また、今まで浴びた紫外線によるダメージの蓄積が表面化するのもこの時期。

とくに30代後半から一気にシミが増えることが多くあります。

いわゆる”隠れジミ”と呼ばれるのが
このタイプのシミです。

4.30代女性がすべき正しいスキンケア方法とは?

30代女性におすすめのスキンケア方法は4つ。

①紫外線対策をすること
②美白化粧品による外側からのアプローチ
③食事やサプリメントに内側からのアプローチ
④ターンオーバーの乱れを改善すること

とにもかくにも、
最も重要なのは紫外線対策です。

シミだけでなく、あらゆる
老化の原因の約80%は紫外線によるものです。

予防は最大のアンチエイジングです。

日ごろから徹底した紫外線対策をするよう心がけましょう!

5.おすすめの紫外線対策法

シミの約80%の原因は紫外線にあります。

つまり、紫外線のダメージを受けないように肌を守ることができれば
シミを防ぐことができます。

では、具体的に紫外線を予防するために何をすればいいでしょうか?

おすすめの紫外線防止アイテムは6つ!

アイテム1:日焼け止め
アイテム2:帽子
アイテム3:日傘
アイテム4:手袋など衣類
アイテム5:サングラス
アイテム6:飲む日焼け止めサプリメント

< アイテム1:基本アイテム日焼け止め >

日焼け止めは紫外線対策の基本のアイテムです。

紫外線には紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)という種類の紫外線があります。
シミの主な原因となるのはUVAです。

UVAが最も多い時期はなんと、6月!!!

日差しが強くなる7月から紫外線対策をはじめても遅いのです。

また、冬の間も夏の2分の一以上のUVAが降り注いでいるため
通年を通した紫外線対策が必須です。

日焼け止めには強さがあり、
その用途に合わせて使用する必要があります。

日常生活では、SPF30+++程度の日焼け止めを使用し、
長時間外にいる場合は、SPF50++++を使用することをおすすめします。

おすすめの記事
日焼け止めの選び方を詳しく解説!SPFとPAを理解しよう!

< アイテム2:帽子 >

紫外線対策をしていない人が最も紫外線を浴びる部分は頭皮と髪の毛です。

頭皮も紫外線を大量に浴びると、髪の毛が痛むのはもちろん、
抜け毛やかゆみの原因になります。

頭皮は顔の皮膚と1枚でつながっています。

あまり知られていませんが、頭皮のたるみは顔のたるみの原因ともなります。

とくに日差しが強い日は帽子を着用することをおすすめします。

紫外線から肌を守るために、          
なるべくつばの広いタイプを選ぶと良いでしょう。

< アイテム3:日傘 >

紫外線を広範囲でカットしくれるメジャーアイテムです。

日傘を購入する際には、晴雨兼用を選ぶと便利です。

日傘は白よりも黒の方が紫外線を通さないと思われがちですが、
最近の日傘は性能性がいいので白のような明るい色の日傘でも、
十分な紫外線カット効果が期待できます。

ファッションに合わせて好きなデザインの傘を使いましょう。

< アイテム4:手袋など衣類 >

自転車や自動車を運転する人におすすめのアイテムは”アームカバー”です。

また、UVカット加工が施されているカーディガンやパーカー、ストールなどを使うのもおすすめです。

おすすめの記事
服で紫外線カット!UVカット素材の効果と選び方まとめ

<アイテム5:サングラス >

目から入った紫外線がシミをつくることをご存じですか?
実は、目から紫外線が入ることでもシミができてしまいます。

サングラスで目から入る紫外線を予防しましょう。


< アイテム6:飲む日焼け止め >

飲む日焼け止めとは、体の内側から日焼けを防止することを目的としたサプリメントです。

日本では、塗る日焼け止めの方が主流ですが、
海外では飲む日焼け止めサプリメントはとてもメジャーなアイテムです。

日本では2016年に解禁となったばかりで、
最新の日焼け止めアイテムとして注目が集まっています。

    

「ホンマでっか!?TV」や「あさいち」といったテレビ番組で紹介されたこともあり、
じわじわと人気が出ており、
今では数々の美容雑誌にも紹介されるほどのアイテムになっています。

    

 
ホワイトヴェールより

 

飲む日焼け止めの効果は、

   

① 活性酸素を抑制し、日焼けによる炎症を軽減する効果
② メラニンを抑制し、シミやしわを防ぐ効果
③ 抗酸化作用により、お肌の酸化を防止、シミ・しわや老化を予防する効果

    

です。

    

飲む日焼け止めサプリは配合されている成分によって効果が違います。

 

上記の3つの効果を兼ね備えた飲む日焼け止めサプリが
最も効果のある日焼け止めサプリです。

    

上記の3つの効果を兼ね備えた飲む日焼け止めサプリが最も効果のある日焼け止めサプリです。

      

「インナーパラソル for UV」です。

       

 

インナーパラソル for UVは、ホームページより購入する方法が最も安いです。

         

↓ホームページ↓  

            

飲む日焼け止めは、飲むだけで全身を保護してくれます。

              

そのため、
日焼け止めのめんどくさい塗り直しの必要がなく、
色ムラ焼けを防ぐ効果や、
目から入る紫外線や頭皮を保護する効果も期待できます。

 

病院でもおすすめされる方が多いと思いますが、
病院で手に入る飲む日焼け止めは値段が高い上に、
日焼け止め効果しか期待できない商品がほとんどです。

せっかく飲むのなら、
インナーパラソルのように美容成分もたっぷりと配合されたものを選びましょう!