メラニン色素を減らす美白方法!効果のない美白成分使ってませんか?

シミの原因であるメラニン色素を減らすためには”美白”が有効です。

美白方法は全部で4タイプあり、美白成分によってメラニンにどうアプローチするか全く異なります。

この記事ではメラニン色素と美白のメカニズム、厚生労働省が認める美白成分をご紹介します。

1.メラニン色素とは?

メラニンとは、人間だけでなく動物や植物、一部の菌類も保有している色素のことです。

メラニンは、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があります。

主にメラニンは、皮膚や髪の毛の中に含まれている色素で、メラニンの量によって髪の色や肌の色が変わります。

例えば、黒人や白人人種で大きく髪の色や肌の色が違うのもメラニンの種類と量によるものです。加齢によって白髪になるのも、髪の毛の中に含まれるメラニンの量が減少することによって起きると言われています。

メラニンは肌や髪の毛の色を決める色素であると同時に、皮膚や髪の毛を紫外線のダメージから守る役目があります。

⇓ メラニンを減らす美白パック ⇓

2.メラニン色素が生成されるメカニズム

私たちの皮膚は4層のミルフィーユのような構造をしています。

一番奥にある基底層には『メラノサイト』という細胞があり、メラノサイトによって「メラニン」は生成されます。

メラノサイトは、紫外線などの外的刺激を受けるとメラニンを作り出します。
※メラノサイトはあくまで、メラニンを発生させる細胞なので、メラニンを貯蔵することはありません。

メラノサイトによって作られたメラニン色素は、バリアーを形成し、紫外線によるDNAの損傷や皮膚がんの発生からお肌を守ってくれます。

つまり、メラニン色素は肌のトラブルや病気を防ぐためになくてはならない存在だということです。

メラニンの発生には、以下のSTEPがあります。

STEP1.紫外線やストレスなど外的刺激を受ける。

STEP2.表皮細胞(ケラチノサイト)で活性酸素が発生する。
※活性酸素は本来体に入り込んだ細菌などから細胞を守る働きがあります。

STEP3.しかし、紫外線を過剰に浴びると活性酸素も大量に発生する。

STEP4.活性酸素が増えすぎたことで、逆に細胞にダメージを与える=肌老化の原因

STEP5.肌の細胞を守るために『情報伝達物質』がメラノサイトに助けを求める。

STEP6.助けを求められたメラノサイトが『チロシナーゼという酵素』を活性化させる。

STEP7.活性化したチロシナーゼは、酸化して『チロシン』というアミノ酸と合体する。

STEP8.チロシナーゼとチロシンが、酸化と合体を繰り返して、最終的にメラニンに変化します。

3.メラニンがシミになる原因

通常、メラニンは肌のターンオーバーによって、お肌の表面の細胞と一緒にはがれ落ちます。
(いわゆる垢や古くなった角質)

そのため、ターンオーバーが正常に行われていればシミがはできません。

しかし、紫外線を大量に浴びることによってメラニンが大量に生産されたり、肌のターンオーバーが生活習慣やストレス、加齢によって乱れることで、メラニン色素がうまく肌の外へ排出されず、肌の上に残ってしまうことがあります。

これがいわゆるシミです。

⇓ メラニンを減らす美白パック ⇓

4.メラニン色素を減らす4つの美白メカニズム!


画像出典:@cosme

そもそも美白のメカニズムとはどういったものなのでしょうか?

たくさんの美白成分が世の中にはありますが、それぞれにメラニン色素へのアプローチ方法や効果が異なります。

もし、今あなたが使っている美白成分に効果を実感していないのなら、
効果のない美白成分を使用しているのかもしれません。

美白成分は、メラニンが作られる段階のどのSTEPに働きかけるかによって大きく分けて4つのタイプがあります。

タイプ1:情報伝達物質の働きをブロックするタイプ

タイプ2:チロシンがメラニンへと変化しないように抑制するタイプ

タイプ3:できてしまったメラニンが、表皮細胞に受け渡されるのをブロックするタイプ

タイプ4:表皮細胞に受け渡されたメラニンが、はがれ落ちるまでに黒化しないよう還元して色を薄くするタイプ

なんだか難しくてわかりづらいですね。

簡単に説明すると、
シミができるのを予防するタイプとできてしまったシミを消す(還元する)タイプに分けられます。

シミを予防する美白成分⇒タイプ1,2,3,4
シミを消す(還元する)美白成分⇒タイプ4のみ

今あるシミを消したいのか?
シミが出来ないように予防したり、美白肌をキープしたいのか?

自分の目的に合わせて美白成分を選ぶことが大切です!

5.効果のある美白成分を厚生労働省承認の美白成分一覧で勉強しよう!

美白成分のタイプがわかったら、次は美白成分について勉強しましょう。

世の中には数十種類もの美白成分があります。

一体どの美白成分が効果が高いのかわからないですよね。

そこで、指標にしたいのが「厚生労働省承認の美白成分」です。

美白成分には、その効果や効能が厚生労働省によって承認されている美白成分があります。

厚生労働省承認の美白成分の一覧

厚生労働省が承認している美白成分は現在全部で14種類あります。

タイプ1=情報カット
タイプ2=生成抑制
タイプ3=受渡ブロック
タイプ4=酸化還元

①アルブチン・・・・・・・タイプ2
②エラグ酸・・・・・・・タイプ2
③ルシノール・・・・・・タイプ2
④ビタミンC誘導体・・・・タイプ2、タイプ3、タイプ4
⑤プラセンタエキス・・・・タイプ2、タイプ4
⑥カモミラET・・・・・・・タイプ1、タイプ2
⑦m-トラネキサム酸・・・・タイプ1
⑧t-AMCHA・・・・・・・タイプ1
⑨リノール酸・・・・・・タイプ2
⑩コウジ酸・・・・・・・・・タイプ2
⑪エナジーシグナルAMP・・・・タイプ4
⑫マグノリグナン・・・・・・・タイプ2
⑬4MSK・・・・・・・タイプ2、タイプ4
⑭ニコチン酸アミド・・・・・・・・タイプ3

どの美白成分もシミを予防する効果があります。

できてしまったシミを消すことを目的にする場合はタイプ4の、
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス
エナジーシグナルAMP
4MSK

がおすすめです。

6.できてしまったメラニン色素を減らす「メイミーホワイト60」で60秒で美白完了!

できてしまったメラニン色素を減らすためにおすすめなのは「メイミーホワイト60」です!

「メイミーホワイト60」を塗ってたった60秒!

洗い流すだけで美白できちゃう即効性美白クリームパックです!!

⇓ すぐに公式ページを見る ⇓

《 メイミーホワイト60の特徴 》

ポイント1.)速攻型美白成分で60秒で美白完了!

メイミーホワイト60は、1日1回たった60秒で簡単に美白することができます!

なぜ速攻美白ができるのかというと、メイミーホワイトには肌表面や毛穴にたまった汚れを吸着する「汚れ吸着成分」と浸透性の高い「速攻型美白成分」が配合されているからです。

メイミーホワイトには速攻型美白成分として、
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス
アルブチン
が配合されています!

 

ポイント2.)ニキビにも効く抗炎症成分配合!

メイミーホワイトには敏感肌の人も使用できる抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」が配合されています。

グリチルリチン酸2Kの原料は「甘草(カンゾウ)」と呼ぼれる天然植物なので副作用の心配はありません。

美白しながらニキビケアできてしまう美白パックです!!

ポイント3.)8種類の深層アプローチ型美容成分で効果を実感!

メイミーホワイトには、天然由来の8種類の深層アプローチ型美容成分が配合されています!

ー深層アプローチ型美容成分ー

・ヒナギク花エキス
・ユキノシタエキス
・オウゴンエキス
・桑エキス
・クララエキス
・甘草抽出末
・茶エキス
・ベニバナエキス

さらに!肌に内側からうるおいを与えるヒアルロン酸ナトリウムも配合されています!!

ポイント4.)安心の全額返金保証つき!!

メイミーホワイトは商品に自信があるため、
使用後であっても全額返金保証してくれます!!

お試し定期コース: 10%OFF 3,980円(税別)送料無料!!
3ヶ月毎お届け基本コース: 人気No.1 15% 3,759円(税別)
内容量   : 約1ヶ月分(140g)

ーメラニンを抑制有効成分ー
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・アルブチン

⇓ 公式ページを見る ⇓

7.メラニン色素と美白成分まとめ

メラニンとは、人間だけでなく動物や植物、一部の菌類も保有している色素のことをいいます。

メラニンには2種類あり、シミの原因となるのは黒色メラニン(ユーメラニン)と呼ばれるメラニンです。

私たちの皮膚は4層のミルフィールのような構造をしています。

肌の一番奥の層にある基底層には「メラノサイト」という細胞があり、メラニンは生成されます。

メラノサイトは、紫外線などの外的刺激を受けることでメラニンを作り出します。

メラニンがシミになる原因は、肌のターンオーバーが正常でないことや紫外線を大量に浴びたことによって発生します。

シミの原因であるメラニンをを減らす方法として美白化粧品を使う方法があります。

美白には4つのメカニズムがあります。

タイプ1:情報伝達物質の働きをブロックするタイプ

タイプ2:チロシンがメラニンへと変化しないように抑制するタイプ

タイプ3:できてしまったメラニンが、表皮細胞に受け渡されるのをブロックするタイプ

タイプ4:表皮細胞に受け渡されたメラニンが、はがれ落ちるまでに黒化しないよう還元して色を薄くするタイプ

できてしまったシミを治したい場合は、タイプ4を選ぶようにしましょう!

美白成分を選ぶときは、厚生労働省が美白効果を承認している美白成分を選ぶと良いでしょう。

厚生労働省が承認しているタイプ4の美白成分は、
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス
エナジーシグナルAMP
4MSK

です。

できてしまったメラニン色素を減らすには「メイミーホワイト」がおすすめです。

メイミーホワイトは、60秒で美白できる即効性美白クリームパックです。

肌表面の汚れを吸着し、
厚生労働省が承認していている「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「アルブチン」が配合されています。

⇓ 公式ページを見る ⇓

美白してメラニン色素を減らしたい人は、タイプ4の美白成分を使ってシミのない肌を目指しましょう!