マキベリーの効果とは?パウダーよりサプリがおすすめな理由

1.マキベリーとは?

マキベリーとは、チリ南部の寒冷地「パタゴニア」にしか自生していない、ホルトノキ科のマキという植物に実る果実です。

ブルーベリーのような色の濃いマキベリーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素成分が多く含まれています。マキベリーは、人工栽培はされておらず、野生のものを採取するので、とても希少なフルーツです。

マキベリーには、アントシアニン以外にもビタミンCや鉄分、カリウムも豊富に含まれており、非常に栄養価の高い果実です。

現在知られている果実の中では、ポリフェノール量は世界一といわれています👑


出典:デスクラーク

マキベリー配合のダイエットドリンク♪

2.ポリフェノールの美容効果とは?

ポリフェノールとは、わかりやすくいうと「植物がつくり出す抗酸化物質」です。

植物が光合成をおこなう際に作られる物質で、植物が持つ苦みや渋みの色素の成分です。

野菜や果物にも多く含まれており、ポリフェノールの種類は5,000以上も存在するといわれています。

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、シミやしわを防ぐ美白効果があります。

5000以上もあるポリフェノールですが、有名なものをいくつか紹介します。

マキベリーのようなベリー系の「アントシアニン」
チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」
コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」
ラズベリーやボイセンベリーなどに含まれる「エラグ酸」
米ぬかなどに含まれる「フェルラ酸」
女性ホルモンのバランスを取る「大豆イソフラボン」
緑茶で有名な「カテキン」
お茶の渋み成分「タンニン」
赤ワインに含まれる「レスベラトロール」

などがあります。

⇓ マキベリー配合のサプリはこちら ⇓

3.マキベリーの嬉しい6つの効果

①老化を防ぐ効果

マキベリーの非常に強い抗酸化力には、老化の原因物質「活性酸素」を取り消す働きがあります。
活性酸素が体内に蓄積されると、遺伝子をDNAや細胞、組織が傷ついてしまうことがあります。これが原因で老化が起こり、慢性的な心疾患や脳卒中などの症状にもつながります。

抗酸化力の強いマキベリーは活性酸素や有害な化学物質をブロックし、健康な血液環境を維持してくれます。そのため、医療の分野では、心臓疾患の処置にも使用されています。

また、体内の血液中にあるコレステロールの酸化を防ぐ効果もあります。

マキベリーを摂取することで、全身の老化を予防しましょう。

②フルーツの中でも断トツの美白効果!

マキベリーは、他のベリー系の果物の中でもの美白効果があります!

マキベリーに含まれているアントシアニンというポリフェノールは、非常に抗酸化力に優れています。紫外線を浴びることで、皮膚で発生する活性酸素は、シミやしわといった肌トラブルの原因になります。

シミなどの老化現象の約80%が紫外線によるものだと言われています。

マキベリーがフルーツの中でも断トツで美白に効果的な理由として、マキベリーに含まれるポリフェノールは皮膚に対して特に抗酸化力を発揮するといわれている「デルフィニジン」という成分多くふくまれているからです。

紫外線によって起きる「シミ」や「しわ」「肌のたるみ」などの光老化を防ぐ目的でフルーツを摂取するなら、マキベリーがおすすめです。

③ダイエット効果

食事をして血中の糖度が上がるとインスリンというホルモンが出て血糖値を下げようとします。

マキベリーエキスには、このインスリンの働きを助けて血糖値を下げる作用のあることがわかっています。

血糖値が急に上がるとエネルギーとして使えなかった分を脂肪として溜め込もうとする作用があります。つまり、血糖値が急に上がらなければ余分なものを溜め込みにくくなり、やせやすい身体を作ることができるということです。

マキベリーの豊富なミネラルの中には「カリウム」も含まれているので、むくみの予防にも効果的です。

マキベリー配合のダイエットドリンク♪

④疲れた目の疲労回復効果!👀

マキベリーには、眼精疲労回復の効果があるアントシアニンが豊富に含まれています。

現代人はパソコンやスマホなど、目を酷使することが非常に多い時代です。
目の疲れから、頭痛や肩こりをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

マキベリーには、ブルーベリー以上のアントシアニンが多く含まれていますので、目の疲れを感じる方はぜひ摂取してみてください。

⇓ マキベリー配合のサプリはこちら ⇓

⑤花粉症予防

マキベリーのポリフェノールには、抗ヒスタミン作用があり、花粉症の軽減・予防することができます。

  

⑥炎症を抑える効果

マキベリーは体内における炎症を抑える効果があります。
また細菌による炎症にも効果があるため、のどの痛み、発熱、下痢、潰瘍の治療にも使用できます。

4.マキベリーの1日の摂取量目安とは?

マキベリーは最近になって注目され始めたため、生食用として一般的に流通していません。

人工栽培がされていない希少性も一般流通しずらい原因の1つといえます。

現在マキベリーを手に入れる方法は、パウダータイプやサプリメント、美容ドリンクがあります。

マキベリーの1日の摂取量目安は、

・パウダータイプのマキベリーなら1日小さじ1杯程度
・サプリメントならメーカーごとに表示されている1日の摂取目安量
・美容ドリンクは1日1本

となります。

マキベリー配合のダイエットドリンク♪

5.マキベリーパウダーよりサプリがおすすめな理由

マキベリーは、

・パウダータイプ
・サプリメント
・美容ドリンク

がありますが、
その中で最もおすすめの摂取方法は「サプリメント」です。

その理由は、

手軽
一番安い
マキベリー以外の美容成分も摂取できる。

です。

マキベリーのパウダータイプは、そのまま食べるのではなく、料理に加えるなどひと手間が必要です。美容ドリンクは飲むだけなのでその点はとても手軽です。サプリメントも1日数粒飲むだけなので、とても手軽に摂取することができます。

価格は、パウダータイプは一般的に100gで1,500円~3,500円程度で販売されています。
有機栽培など質の良いマキベリーを選ぶと高額になるようです。

パウダーは小さじ1杯がい1日の摂取目安量なので、小さじ1杯は5gなので、100gで20日分になります。

計算すると1日あたり、75円~175円になります。

美容ドリンクは1本220円~300円程度です。

サプリメントの場合は、商品によって一日の摂取量が変わります。

当サイト一押しのサプリメントアスタブライトを参考に比較していきましょう!

アスタブライトは、全部で90粒入りで一日3粒が摂取目安です。

単純に値段だけで計算すると・・・

90粒÷3粒=30日分

アスタブライトは初回限定で、60%OFFの1,834円(税抜き)で購入可能です!

厳密に計算するために、税込みで計算してみましょう!

1,980円(税込み)÷30日=66円

1日あたりたったの66円です!

アスタブライトは定期便で購入すると2回目以降は、20%OFFの4,300円で購入できます。

2回目以降は、

4300円(税込み)÷30日=143円

1日あたり143円です!

この価格も、高品質のマキベリーパウダーよりも圧倒的に安いです!

種類パウダー美容ドリンクサプリメント
1日あたりに
かかる値段
75円~175円程度220円~300円程度66円~143円程度
アスタブライトで比較

手軽さも、価格もサプリメントが一番おすすめです。

しかも!!!

マキベリーパウダーには、マキベリーしか含まれていませんが、アスタブライトにはマキベリー以外にも美容効果の高い成分がぎゅぎゅぎゅっと詰まっています!

\ アスタブライトの凄すぎる成分一覧 /

①マキベリー

世界一のポリフェノール量を誇るマキベリーを贅沢配合!

栽培ではなく、パタゴニアの大自然の中で自生するマキベリーは大変希少な成分です!

②アスタキサンチン

今最も注目されている美容成分。美白効果やダイエット効果、しわを改善する効果もあるまさにスーパーエリートな成分です。

アスタキサンチンの配合量は、なんと業界トップクラス!

アスタキサンチンについて詳しく知りたい方はこちら⇒アスタキサンチンとは?

③質を高めるルテイン配合!

アスタブライトは眼精疲労に特化したサプリメントです。
目に良いとされるルテインを配合することで、マキベリーの眼精疲労効果を高めます。

④濃厚なDHA・ESP配合!

マキベリーとアスタキサンチンの還元力を最大限に引き出すためにこだわり配合されたDHAとESP!
新鮮な青魚から抽出されるこのオイルは、サラサラした成分で健康づくりのサポートをしてくれます!

⇓ 公式ホームぺージはこちら ⇓

6.マキベリーの効果まとめ

マキベリーは、アサイーの7倍以上の抗酸化力を持つスーパーフルーツです。

マキベリーの具体的な効果は、

①老化を防ぐ効果
②フルーツの中でも断トツの美白効果!
③ダイエット効果
④疲れた目の疲労回復効果!👀
⑤花粉症予防
⑥炎症を抑える効果

がある。

マキベリーの1日の摂取目安量は、

・パウダータイプのマキベリーなら1日小さじ1杯程度。
・サプリメントならメーカーごとに表示されている1日の摂取目安量。
・美容ドリンクは1日1本。

である。

最も手軽で安く、美容効果の高い摂取方法は「サプリメント」で、
通販限定商品である「アスタブライト」には、マキベリー以外にも今注目の美容成分「アスタキサンチン」も業界トップクラスの配合率となっている。

⇓ アスタブライト公式ホームぺージはこちら ⇓